近所を散歩する習慣を付けよう

田舎と言えば空気がキレイというイメージなので、田舎に移りすめば、健康になれると思っている方が多いです。 もちろん、ずっと住めば、都会に住んでいたときよりも健康になる人も多いです。 しかし、移り住んだばかりのときは、環境の変化で体調を崩して体重が減ってしまう方も多いものです。

環境の変化だけでなく、近所とのお付き合いなどでストレスを感じることも原因になります。 田舎は都会と違いいろいろな噂話が飛び交っています。 自分のことがなんて言われているかで最初は不安になるものです。 もちろん、悪い噂話のことは少ないでしょうが、それでも都会では考えられないほど近所のことを気にしているものです。

最初は、どんな人が引越ししてきたのか?いつも何をしているのか?本当に細かい行動まで見られているものです。自分が知らないところでどんな噂話になって伝わっているのか不安になります。 よそものを寄せ付けない感じの田舎だと大変です。 これは実際に住まないとわからないことが多いのでやっかいです。 大切なことは、自分からあいさつすることだと思います。 これだけでも変わります。

田舎だと1日で会える人がまったくいなかったり、いたとしても1人なんてことが普通にあります。 たとえ、1日で1人しか会わなくても、その人に元気にあいさつしておけば、それがいい噂として近所に伝わるものです。 そうしておけば、これからの田舎ライフが楽しいものになることでしょう。 さらに体調を回復させるコツとして、朝早く起きて、散歩をするといいです。 朝起きて太陽を浴びることで、移り住んだ場所に体が順応していきます。 さらに、近所を散歩しながら、空気を思いっきり吸うことでも、体が順応していきます。

このように、あいさつは自分からする。散歩など体を動かすというのを意識して行ってください。 この2つを実行してもらえれば、引越しした直後でも体調が悪くなることはなくなることでしょう。 さらに、住むようになった田舎の習慣に素直に従うようにすることも大切です。 やはり、今まで住んでいた都会とはいろいろ習慣の違いで戸惑うことが多いことでしょう。

しかし、その習慣の違いに不満を持つのではなく、その土地の習慣に従った生活スタイルに変えていこうと思うことが重要です。 もし、生活をしていく上で迷ったら、迷わず近所の人に質問するようにしたほうがいいです。 都会では何でもないことでも田舎に引越ししたらとんでもないことになることもあります。 今まで住んでいたときの常識をそのままするのではく、少しでも疑問に思ったら、自分が思っている常識がここでも通用するのか確認しましょう。

次に、田舎に引越しした場合、今まで住んでいたところよりも寒いことが多いでしょう。 そうなるとその寒さで体調が崩れることも多々あります。 そこで、寒さ対策はしっかりしなければいけません。 特に、一軒家を借りた場合、隙間風が家に入ってくることがあります。 そのため、隙間風が入ってこないように工夫するだけでも家の中が温かくなるものです。

また、現在、冷え性ならば、冷え性を改善する努力をしましょう。 まず、冷え性改善に役立つ食材をしっかり摂るようにしましょう。 一番が生姜です。 そこで、畑も借りられたなら生姜を育ててみましょう。 そうすれば、毎日生姜を使った料理や飲み物が作れます。 生姜は体の芯まで温かくなるので、是非、毎日の食卓に生姜料理を並べるようにしましょう。

次に、下半身をしっかり温めるようにしましょう。 一番いいのがスパッツのようなものをずっと履くようにしておき、常に下半身を温かくしておくといいでしょう。 今は薄手の生地でもとても温かいスパッツが売っていますので、3枚程度は常備しておくといいです。 田舎に住むときに寒さ対策はとても重要です。 暖房もエアコンではなく、灯油を使ったストーブを用意するなど、部屋中が暖かくなる暖房器具を揃えることも重要です。 上記で示した方法を実践して体調を万全にして生活してください。

ページのトップへ▲