収入を得る手段はありますか

田舎で生活したいと思っている人は、通勤するようなタイプの仕事をしている人はすくないことでしょう。 もちろん、会社が田舎にあるため、通勤を楽にするための引越しなら、いいですが、会社は都会にあって、田舎から通勤となると本当に大変です。 以前、テレビで住んでいる田舎から新幹線を使って都会にある会社に4時間もかけて通っている方を見ました。

その方は田舎が好きでそこから離れたくないということで、通勤に4時間かかるのは覚悟しているとのこと。 この場合、新幹線代など交通費が膨大になるわけですが、会社がほとんど支払ってくれるとのこと。

これはかなり恵まれた方だと思います。 普通、それなら転職を勧められることでしょう。 たぶんこの方は会社にとってなくてはならない人だから都会に会社があっても田舎に住目るのだと思います。 これは特殊なケースなので参考になりませんが、こういったケースもあるということは知っておいてもいいでしょう。

ただ、通常は田舎に住みたいなら、今働いている会社を辞めて、これから住む予定のところで仕事を探すことになります。 しかし、いくら市役所で相談してもなかなか安定した仕事を見つけるのは難しいことでしょう。 なので、まず、田舎に移り住んでも生活できるだけの収入を確保できる仕事を見つけるのが先決です。

もちろん、現在、住んでいる場所に関係ない仕事をしている方は何も問題はありません。 今なら、ネットがありますので、今している仕事に関連しており、ネットを使って仕事ができないかを考えるようにしましょう。 ネットを通じて、今の職場で身に付けたスキルを使って収入を得ることができるなら、収入面はクリアできます。

もし、仕事関連でないようでしたら、自分の趣味を洗い出しましょう。 そして、その趣味で収入を得ることができないかを考えましょう。 趣味で収入を得るなんて難しい。と思っている方がいますが、ネットがあれば、趣味でも起業できたりできるものです。 もちろん、田舎に住むようになれば生活費は少なくて済みますので、今までと同じ程度の収入がなくてもやっていける場合がほとんどです。

ただ、安定して仕事があり、収入があるものを最低1つは持つことが必要です。 これがクリアできるまでは田舎に引越ししてはいけません。 ここは重要なポイントなので、じっくり時間を掛けて考えてください。

次に、田舎で済む住居は一軒家を借りたり、購入する場合がほとんどだと思います。 マンションがあるところは少ないでしょうし、1人でも一軒家で生活することとなるでしょう。 そのとき、よくあることなのですが、畑が付いていることがあります。 すると畑で農作業をすることになります。

畑があっても農業をしなくてもいいのでは?とお思いの人もあるかと思いますが、畑というのはそのままにしておくと、荒れ放題になってしまいます。皆さんが思っている以上に雑草はすごいですし、そのままにしておくことはできません。 畑をしなくても、雑草は生えてくるので、定期的に手入れをしなければいけません。 手入れが必要なら農作物を作ったほうがいいと思うはずです。 そこで土いじりを始めて体験することになることでしょう。

従って、田舎に移り住むなら畑で野菜を作ることを前提にしておくといいでしょう。 まず、ネットや本で野菜の作り方は確認しておきましょう。 運がよければ近所の人が丁寧に野菜作りを教えてくれるかもしれませんが、あまり期待しないほうがいいでしょう。

田舎での生活は基本、自分で何でもすることになります。 自給自足が当たり前だということもしっかり理解しておきましょう。 もちろん、今できなくてもいいです。 田舎で生活をはじめれば、嫌でも覚えてしまうものなので、大丈夫です。 今は、収入が少なくてもいいので安定した仕事と農業を毎日しながら生活することになるということは覚えておきましょう。

ページのトップへ▲